一口に腰痛と言っても痛み方もさまざまですよね。
でもなんと腰痛の85パーセントは原因不明だということをご存知でしょうか?
筋肉の異常はMRIを用いた検査でも発見出来ません。
椎間板ヘルニア、ぎっくり腰などのよく耳にする名称も正式な病名ではなく、ただそう呼ばれているだけに過ぎないんです。

腰痛は筋肉のバランスが崩れてしまうことによって起こります。
直接的に骨が原因になることはありません。
骨には神経がありませんので痛みを感じることが無いからです。
筋肉の異常のために骨がずれて痛みが出ることはあります。

腰痛には筋肉が使われなくなって収縮したり、筋肉同士がうまく連携を取れなくなって痛みが出る場合と、
特定の筋肉の使いすぎによって筋肉が正常に働くことが出来なくなり、筋肉間のバランスが取れなくなって痛みが出る場合があります。
特に体幹の筋肉のバランスが崩れてしまうと腰痛に直結します。

腰痛には筋肉が深く関わっていますので正しい姿勢をしっかり意識して、適度な運動をすることが大切です。
歳をとったからと腰痛なるのが当たり前だというのは間違いなのです。
筋肉をきちんと動かしていれば、歳をとっても腰痛知らずでいることが可能です。