O脚が腰痛やヒザの痛みに
関係していて、痛みの原因となったり

腰痛がO脚にしてしまうと
言われることがありますが、

O脚や腰痛、関節痛は、
歩き方に問題があるのです。

長時間歩けば当然ですが、
筋肉が張ります。

また重心がつま先にかかると、
体重が、母趾(ぼし)側に乗らずに、

脚が外側に広がるように、
力がかかってしまうので
そのことがO脚や腰痛やヒザの痛みの
大きな原因を引き起こします。

つま先歩きが体重のかかり方、
外側の筋肉の張り、前傾姿勢での衝撃等に影響して、
姿勢を悪くしているのです。

前傾姿勢は知らないうちに
ふくらはぎにかなり負担をかけています。

実際にふくらはぎに触れてみて
かなり硬くなっているのでれば
姿勢によって悪い影響が出てきています。

ふくらはぎが硬くなると、
血液の循環は悪くなって、
さまざまな病気の原因となってしまいます。

つま先歩きは、スポーツ選手が
下半身を鍛えるためにトレーニングで
行ったりますが、つま先歩きが原因で
ヒザを痛めてしまうということを良く聞きます。

つま先立ちが腰痛や膝の痛みの
原因になるということです。

スポーツ選手に限らず、
私達も普段の生活の中で、
無意識につま先立ちを
してしまっていることがあります。

つま先立ちがどれだけ腰やヒザに
負担がかかっているかも
意識はしていないでしょう。

日常生活での家事は特に
つま先でする作業が多いように思われます。

つま先立ちだけに止まらず、
腰を曲げることも多いはずです。

普段の姿勢はどうしても、
無意識になりがちですので、

やはり、普段から意識的に
つま先立ちや姿勢を正すことを
心掛け実践していくことが
腰痛の改善につながります。